FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2013/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
半田市”蔵の街” その②
なんとまぁ、、気づけば8月最終日ではないですか。
小学生のお子様をお持ちの方々は、「宿題」におわれていませんか?

懐かしいなぁ。「夏休みの宿題」

っと、そういえば6月中旬に書いた「半田市”蔵の街” その①


”その①”とあるのですから、当然”その②”があるわけで、ずっと書くのを忘れていました。。
(ちょうど、”その①”を書いた2日後から職場が変わってバタバタだったので・・・ぼそっ。)

ということで、遅ればせながら「半田市”蔵の街” その②」です。
(”その①”はこちらから)

----

ミツカンの「酢の博物館」を見学後、せっかくここまで来たのだし、蔵の風景は撮れなくても何か撮りたい。

とりあえず、うろついてみることに。

知らない場所を歩くのはワクワクします♪

酒蔵を見つけましたが、素通り~。
半田市”蔵の街”から”ごんぎつねの里へ”

古い家の多い一角。
ちょっと味のある車輪。
半田市”蔵の街”から”ごんぎつねの里へ”

線路を越えて歩きます。(5月下旬だけど暑かった!)
半田市”蔵の街”から”ごんぎつねの里へ”

目指すは”半田赤レンガ建物”です。

これこれ!

半田市”蔵の街”から”ごんぎつねの里へ”

かっこいい~。

”半田赤レンガ建物”って、明治31年に「カブトビール」の醸造工場として建設された太建物なんですって。

半田市”蔵の街”から”ごんぎつねの里へ”

今は年に1度?か何度か忘れましたが、一般公開日以外は閉ざされており、フェンス越しに見ることしかできませんでした。

半田市”蔵の街”から”ごんぎつねの里へ”

横浜の赤レンガみたいに商業施設として使えばいいのに。なんだかもったいないなぁ。

この辺でお腹が空いた・・でも見渡すもよさそうなお店がない。
ネットで調べてフレンチレストランを見つけたが、OPENまでまだ時間がある。

なので、フレンチいレストラン近くにある「新美南吉の生家」へ行きました。

半田市”蔵の街”から”ごんぎつねの里へ”

”新美南吉”と言えば”ごんぎつね”
そう、半田市は”ごんぎつねの里”なんですよ。

この”新美南吉の生家”は外から見うると平屋のようですが、実は2階建て。
道路から見える部分は2階です。(私の母方の実家もこんな造りだったなぁ)

係りの人はおらず、だれでも自由に入れます。
半田市”蔵の街”から”ごんぎつねの里へ”

インターフォンのようなボタンを押すと、新美南吉の生い立ちから作品作り、没するまでを説明のガイダンスが流れます。

暑い中、歩き疲れたのでガイダンスを聴きながら座敷の縁に腰かけて休憩させてもらいました。
半田市”蔵の街”から”ごんぎつねの里へ”

ようやく、フレンチレストランのOPEN時間!

来た道を引き返します。


半田市”蔵の街” その③へ続きます。

BlogRankingBanner
スポンサーサイト



★本ブログについて★

まず、こちらをお読みください

読んでね♪
☆訪問者数☆
ようこそ、いらっしゃいませ!
☆ブログランキング参加中
☆1日1クリックお願いします★
プロフィール

Quadrifoglio

Author:Quadrifoglio
四つ葉のクローバへようこそ!

自身が撮った写真を紹介させていただきます。
photolibraryとリンクしております。
お気に召した写真はご購入いただけます。

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
871位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
301位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ