FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2021/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
2014京都 初秋 その⑦
三千院を後半足早に拝観して出たところですでに13時前!

お昼も食べておらず、さすがにハラペコ。
でも、あと観たいところは2カ所あるし、ゆっくりお店に入って食べている場合ではない。

てっとり早く?

2014京都_初秋

目についたお茶屋の

2014京都_初秋

「みたらし団子」で空腹を満たす(いや、、、これくらいでは満たされない。笑)

2014京都_初秋

こちらのみたらし団子、とってもロングなので縦に串を口に持って行けるのは最初の2つまで。
その後は串を横にして食べるのですが、食べにくい!お団子自体はとってもやわらかくておいしかったです。

さて、ではお次の場所へ。

2014京都_初秋

「実光院」です。

2014京都_初秋
*実光院は勝林院(寂源が天台声明を伝承するために建立した寺)の子院である。
庭園(契心園)は、律川の水を取り入れた心字池を中心にした池泉観賞式と茶室(理覚庵)のある池泉廻遊式。
福寿草、カタクリ、イカリ草など春の花にはじまり四季おりおり年中いろいろな草花を咲かせる。
特に秋の紅葉の頃より春まで咲く不断桜(ふだんざくら)は珍しい。(京都観光Naviより拝借)

入るとすぐ左手に気持ちの良い空間が。

2014京都_初秋

そして誰もいない!!!
今がチャンス!とばかりにシャッターを切ります。

2014京都_初秋

こういう室内から庭園を眺める場所は普段は縁側や廊下に人が腰を掛けて休んでいるので、室内を入れて庭を撮ることってなかなかできないんですよ。

2014京都_初秋

個人的には建具を外した開口部を額に見立てて遠目から庭園を眺めるのが一番良いと思っています。

だから本当にこういうふうに撮れたのはラッキーでした。数分後には人がやってきて廊下に腰かけてしまいましたから。

実光院は拝観料にお抹茶がついていたので、お抹茶をいただきました。

2014京都_初秋

のんびりと庭園を眺めながら至福の時。

お茶碗が秋の絵柄でまたよいのですよ。私のお茶碗は「菊の花」

2014京都_初秋

友人のお茶碗は「すすき」でした。

2014京都_初秋

この五本の杉の向こうに「不断桜」が植わっているのですが、まだ咲く時期には早いので咲いていませんでした。

2014京都_初秋

そして見慣れた「秋海棠」が。

2014京都_初秋

白いのもあるんですね。

2014京都_初秋

実光院でゆっくりしてしまったので、大原最後の目的地へ向かいます。

2014京都_初秋

2014京都 初秋 その⑧へ続きます。

BlogRankingBanner
スポンサーサイト



★本ブログについて★

まず、こちらをお読みください

読んでね♪
☆訪問者数☆
ようこそ、いらっしゃいませ!
☆ブログランキング参加中
☆1日1クリックお願いします★
プロフィール

Quadrifoglio

Author:Quadrifoglio
四つ葉のクローバへようこそ!

自身が撮った写真を紹介させていただきます。
photolibraryとリンクしております。
お気に召した写真はご購入いただけます。

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1087位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
374位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ