FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2021/03
<<02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
2016年 秋の京都①
熊本旅が終わったかと思えば。。。「2016年 秋の京都」です!

今年も行ってきました。
春と秋、京都に行き始めて早8年です。

春と秋以外にも京都へ行くこともあるので、もう何度行ったことか。

今年は当初予定より1週間遅らせての旅だったので、紅葉のピークを少し過ぎた感が否めませんが、それでもやっぱりきれいな紅葉でした。

出発日の10日ほど前の天気予報は雨マークでしたが、当日は快晴でした!(清水到着までは・・・・)

2016年 秋の京都

京都駅からギュウギュウのバスに乗って清水寺へ。
ほとんどの人がここでおります。そして、参道も人・人・人!

ちょうど修学旅行シーズンなのでしょうか、学生さんがわんさといました。
ついでに海を挟んで向かいのお国の方も、いつにもましてわんさかでした。

清水寺の前は絶好の記念写真スポットで、人がいない風景など撮ることはできませんでした(笑

2016年 秋の京都

すぐに清水寺には入らず、ちょっと脇へそれてみました。

2016年 秋の京都

そこには今まで知らなかった場所が。

2016年 秋の京都

たくさんの石像。

2016年 秋の京都

ちょっと愛宕念仏寺を思い出しました。

なんとなく目を引いた千手観音像?

2016年 秋の京都

その先へ行くと池?貯水池?があり、取り囲むようにモミジが植わっていました。

2016年 秋の京都

おぉ~。これはきれい!

2016年 秋の京都

だいぶ散っている木もありましたが、まだまだきれいに紅葉している木もあったので、撮り方次第ですね。

2016年 秋の京都

池の左手に「成就院」があり、拝観することに。

2016年 秋の京都

◇「成就院」:応仁の乱の兵火によって焼失した清水寺を、勧進活動によって再興した願阿上人(がんあしょうにん)の住房として造られたのが成就院の起源です。その後、清水寺本坊塔頭(ほんぼうたっちゅう)として、本願職(伽藍整備や維持、財政の維持管理)を担当してきました。
現在の建物は、寛永16年(1639)、ときの天皇・後水尾天皇の中宮であった東福門院和子(とうふくもんいんかずこ)の寄進によって再建されたもの。

残念ながら建物内のみならず、庭園すら撮影が許されなかったので撮りませんでした。(外国人観光客は建具の陰に隠れて撮っていましたが。笑 )

小ぢんまりですがよく整えられた庭園で、縁側に座って眺めていると落ち着きました。
写真も撮れないし、昼食まで(予約していた)時間もないので短時間で去ろうとしたところ、係の方が「水琴窟がありますよ」と教えてくださって、水琴窟に耳を傾けてみました。

手水鉢から流れ落ちる水が良い音色を奏でていました。竹竿が2本刺さっていたのですが、どちらで聞くかで音の聞え方も異なるので、両方聞いてきましたよ。

清水寺の人ごみに疲れたら、ちょっと脇へそれて成就院でお庭を眺めつつ休むのもいいかもしれません。
(ただし、拝観は春と秋の決まった期間のみ。時期は毎年異なるそうです。)

2016年 秋の京都②へ続きます。

BlogRankingBanner

*********************
お願い事なりますが本ブログ掲載の写真は著作権を放棄しておりません。
無断での転載、トリミングでコピーライトを削除しての二次活用はお断りいたします。
(今後、販売予定またはコンテストなどに応募の可能性があるため)
*********************
スポンサーサイト



★本ブログについて★

まず、こちらをお読みください

読んでね♪
☆訪問者数☆
ようこそ、いらっしゃいませ!
☆ブログランキング参加中
☆1日1クリックお願いします★
プロフィール

Quadrifoglio

Author:Quadrifoglio
四つ葉のクローバへようこそ!

自身が撮った写真を紹介させていただきます。
photolibraryとリンクしております。
お気に召した写真はご購入いただけます。

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
960位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
316位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ